機動戦士ガンダム

劇場版三部作と「アニメ新世紀宣言」

テレビ版の再編集に新作カットを加え、ストーリー・設定を一部変更した劇場版の制作が発表されたのは1980年10月のことである。第1話から第13話までを再編した第一作の題名は数字等を付けず単に『機動戦士ガンダム』とされ1981年3月14日全国松竹系にて公開された。これに先立つ1981年2月22日、新宿にて「アニメ新世紀宣言」と呼ばれるイベントが開催され、1万5千人ともいわれる数多くの若者が詰めかけた。中にはシャアとララァなど登場人物の(今日で言う)コスプレをして現れた者達もいたほどである。彼らを前に富野は、これだけの若者がアニメ映画のイベントのために集まった事を通じて、アニメを低俗・俗悪と決めつける社会の認識を問う発言をおこなっている。

第一作の成功を受けて、『機動戦士ガンダムII 哀・戦士篇』(あいせんしへん)(第16〜31話前半を再編、1981年7月11日公開)、続けて『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙篇』(めぐりあいそらへん)(第31話後半〜第43話を再編、1982年3月13日公開)が公開された。またこれらの映画の主題歌がオリコンチャートの上位にランキングされる[4]など、様々な要素が組み合わさって大きな社会現象にまで発展した。

その後も本作と世界観や設定、歴史などを踏襲、あるいは共有する小説や漫画が数多く制作された、メディアミックスの先駆けともいえるアニメ作品でもある。後年、本作の7年後を舞台とするテレビアニメ作品『機動戦士Ζガンダム』を始め、その歴史に連なるアニメ作品、あるいは世界観をモチーフに「ガンダム」の名を冠したアニメ作品や、小説、漫画、コンピュータゲームなどが、様々なクリエイターの手によって制作された。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。