機動戦士ガンダム

「フリーダム・ファイター」から「ガンダム」へ

ただし、当初の企画『フリーダム・ファイター』ではロボットを登場させるつもりはなかったという。『宇宙戦艦ヤマト』とジュール・ヴェルヌの『十五少年漂流記』にヒントを得て、宇宙戦艦に乗り込んだ少年少女が宇宙戦争の中で協力しながら生き延び成長するという点は『ガンダム』と共通している。この時点では主人公たちは宇宙戦闘機に乗り込み、異星人と戦うという設定であった。

しかしクローバーはあくまで巨大ロボットもの、それも「変形・合体」といったおもちゃとして楽しめる仕掛けを備えたものを要望した。企画に詰まったスタッフに相談を持ちかけられたSF作家でスタジオぬえの一員である高千穂遥は、ロバート・A・ハインラインのSF小説『宇宙の戦士』の一読を薦めた。これに登場する装甲強化服「パワードスーツ」を元に考案されたのが全高18mの「モビルスーツ」である。この時点での仮題は『ガンボーイ』であった。これがアメリカでトラック軍団を指す「コンボイ」と掛け合わせて『ガンボイ』に、さらにチャールズ・ブロンソンがテレビコマーシャルで流行語にした「う〜ん、マンダム」のイメージから『フリーダム』のダムとかけて『ガンダム』という名前が生み出された。

最終的に、主役機「ガンダム」は上半身と下半身の間に小型戦闘機を変形させて組み込むという形を採り、サポートメカとして登場する「宇宙の戦士」に登場するパワードスーツに着想を得たデザインの「ガンキャノン」と戦車風の「ガンタンク」もこのシステムを取り入れることとした。

これら3機はそれぞれ一機種一体[1]の試作機であるものの、「ザク」をはじめとしたジオン側のモビルスーツは多数の同形機が存在する量産兵器とされた。そしてモビルスーツは主役機と言えども一体で戦局が一変することはほとんどない。ザクに続く新型機として登場する「グフ」や「ドム」などや、ガンダムを元に量産された連邦軍の「ジム」もまた数多く登場する。一方、モビルスーツの存在意義に説得力を持たせるために、ミノフスキー粒子という架空の粒子が設定された。これはレーダーや電波誘導兵器を攪乱・無効化することでモビルスーツ同士の白兵戦に説得力を持たせるものである。アニメとしての制約の中でも無重力状態の描写などにも注意が払われ、細かい設定によって作品世界に奥行きと現実感が持てる作品となっている。こうしたリアリティを重視した設定から、『機動戦士ガンダム』はそれまでの巨大ロボットがヒーローとして扱われるスーパーロボット作品から一線を画す、リアルロボット路線の元祖とされる。

もうひとつ、『機動戦士ガンダム』において重要なキーワードが、「人類の革新『ニュータイプ』」である。超能力にも似た特別な感覚を得た人々として設定されたニュータイプは、当初は主人公アムロに超人的活躍をさせるためのアイデアであったが、やがて宿敵シャアもまたニュータイプであることが明かされ、そして同じくニュータイプである少女ララァ・スンとの出会い、そして三人の間で起こる悲劇を通じて、「人類の革新」とは何なのかと問いかけるに至っている。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。