機動戦士ガンダムseed destiny

ガンダムseed.bmp

物語

前作『機動戦士ガンダムSEED』での終盤の舞台となった戦い、第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦(コズミック・イラ71年)から2年後の世界が舞台である。

コズミック・イラ71年6月15日。大西洋連邦とオーブ連合首長国によるオノゴロ島の攻防戦の中、シン・アスカはたった一発の砲弾で家族を失った。妹マユが落とした携帯電話を握り締め、彼は自らの非力さに絶望する。

その後、地球連合軍とザフトによる大戦は、第二次ヤキン・ドゥーエ宙域戦・ユニウス条約の締結を経て、一応の停止を見た。しかし、争いの火種は消えることはなかった。

それから2年後、コズミック・イラ73年10月2日。プラントのギルバート・デュランダル議長との非公式会見の為、新造艦ミネルバの進水式の準備が進むアーモリーワンを訪れたカガリ・ユラ・アスハとアスラン・ザラ。だがその最中、ザフトが開発した新型モビルスーツ・カオス、ガイア、アビスが何者かに強奪され、周囲は混乱に陥る。 これを阻止すべく、ミネルバからも新型機インパルスが出撃。そのパイロットは、プラントに渡り、エリートとしてザフトに入隊したシンであった。

新型機を強奪した謎の部隊を追い、カガリとアスランを伴ったままミネルバは出撃する。だがそんな中、安定軌道にあったはずのユニウスセブンが地球に落下し始めたという報せが入る。それは、ナチュラルへの憎しみを募らせ続けるザフト軍脱走兵達の仕組んだものだった。しかし、この事件を利用しようと暗躍する者達も動き始め、世界は再び混乱と戦火に包まれるのだった。

機動戦士ガンダムseed destiny

本作ガンダムseed destinyでは劇中で起こる物事や登場人物の心情の変化、行動がそれまでの過程に対して矛盾する事が多く見られシナリオの破綻が目立つ。そのため一部の視聴者からは本作はシーンの羅列でしかなくひとつの物語として成り立っていないとの意見もある。

またインターネット上の掲示板では、物語の内容が途中で飽きられるといった指摘もあった。これは、インパルスガンダムの戦闘時は、敵機が集中攻撃しているにも関わらず全く命中しないのに対して、インパルスガンダムが攻撃時は百発百中で敵機を撃墜している点や、第38話のヘブンズベース攻防戦では、地球連合軍は先制攻撃後、5機のデストロイガンダムなど圧倒的な攻撃力でザフト艦隊、モビルスーツを破壊しているが、デスティニーガンダムインパルスガンダムレジェンドガンダムが登場した途端デストロイガンダムは全機撃墜、簡単に地球連合軍が降伏して決着が着いてしまうなど、アークエンジェルが関わる戦闘以外では主人公サイド(ザフト軍が主人公かどうかは別にして)が毎回ほぼ無傷で完勝するので、見ている方が飽きてしまうと言う指摘もあった。もっともこれはこのシリーズに限ったことではないが。

また描写不足を思わせる点も多く、特に物語終盤のデスティニー・プランに関連したデュランダルとキラ達の対立については、物語の根幹をなすデスティニープランが抽象的にしか描かれなかったため、結果としてそれに関する両者の主義主張が論理的に破綻したものになってしまったため、シナリオが破綻したままFINAL PLUSにおける物語の終結を迎えてしまった。これに対して福田監督はインタビュー上で「リベンジしたい」と発言し、ガンダムseed destinyへのと、次回作への意欲を示した。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション(総集編)

前作機動戦士ガンダムSEEDと同様、総集編が製作された。全体の話を4部作として製作される。キャラクターデザインを担当した平井久司が作画監督を務めている。全編新アフレコで、新作カットが追加されている。

3ヶ月ごとにテレビでの放映やDVD発売などがされる事になっている。

第一話「砕かれた世界」<話数:PHASE-01〜PHASE-13>(放映・DVD発売時期:2006年5月)

第二話「それぞれの剣」<話数:PHASE-14〜PHASE-28>(放映・DVD発売時期:2006年8月予定)

第三話<話数:PHASE-29〜PHASE->(放映・DVD発売時期:2006年11月予定)

第四話<話数:PHASE-〜PHASE-50>(放映・DVD発売時期:2007年2月予定)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。